ウォーターサーバーのお水の種類について

###Site Name###

ウォーターサーバーに使われているお水は、各社によってさまざまです。

ですので、お水の種類によってウォーターサーバーを選択するという方法もあります。使われているお水の特徴を把握して、自分にあったウォーターサーバーを選びましょう。ウォーターサーバーに使われるお水は大きく分けると、天然水とRO水の2種類に分類出来ます。


天然水は、特定の水源から採取し飲用可能にした状態のお水のことです。



採取した水源によってお水に含まれる成分に違いがあり、それぞれ独自の風味を持っているのが特徴です。飲用可能にするために、不純物を取り除くために沈殿や濾過をほどこします。



オゾンや紫外線を照射して殺菌処理する場合もあります。
RO水とは、RO(Revers Osmosis Membrane)膜「逆浸透膜」と呼ばれる特殊なフィルターで不純物を取り除いたお水です。

このRO膜は、約0.0001ミクロンという微細な構造をしており、ウィルスや汚染物質、不純物などを完全に取り除くことが出来ます。

ですが、不純物を除去するのと同時に人間に必要なさまざまなミネラルをも除去してしまいます。


しかし、ウィルスや不純物、ミネラルを含まないお水ということは、赤ちゃんにはぴったりなお水です。



赤ちゃんの未発達な内臓機能では、ミネラルが多すぎると分解が追いつかなくなり下痢や腹痛の原因となることがあります。

ですので、ウィルスや不純物、ミネラルを取り除いてくれるので安心して、ミルクや離乳食に使うことが出来ます。